當麻寺(たいまでら)

當麻寺本堂當麻寺東塔當麻寺金堂當麻寺俯瞰

延喜によれば、第31代用明天皇の第3皇子で、厩戸皇子の異母弟である麻呂子皇子(まろこのみこ)によって建立され、天武天皇の時代に現在の二上山の麓の地に移ったとされています。

右大臣藤原豊成(ふじわらのとよなり)の娘、中将姫(ちゅうじょうひめ)が蓮の糸を使って當麻曼荼羅を一夜で織り上げたという伝説が有名です。

大和七福八宝めぐり(三輪明神、長谷寺、信貴山朝護孫子寺、當麻寺中之坊、安倍文殊院、おふさ観音、談山神社、久米寺)の一つです。

本堂(曼荼羅堂)、東塔、西塔は国宝に指定されているほか、薬師堂、金堂など重要文化財の宝庫でもあります。中之坊庭園は、古くから大和三名園の一つといわれる池泉回遊式兼観賞式庭園です(残りは竹林院、慈光院)。四月下旬のぼたんの花、秋の紅葉などの風景も。

葛城市當麻1263
0745-48-2008 (奥院)
0745-48-2004 (護念院)
0745-48-2002 (西南院)
0745-48-2001 (中之坊)
近鉄南大阪線当麻寺駅より徒歩15分

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換


当麻寺駅のおすすめグルメ情報 [食ベログ]

コメント

タイトルとURLをコピーしました