巻向駅

壬申の乱

村屋神社

三輪の大神神社の別宮とも言われる村屋神社(別名:村屋坐弥冨都比売(むらやにいますみふつひめ)神社)。 壬申の乱の最中、ここに祀られる村屋神(むらやのかみ)が神官を神がかりにして、大友軍が中ツ道から攻めてくるので防ぎ守るようにと...
大和王権と巨大古墳

渋谷向山古墳(景行天皇陵)

渋谷向山古墳(しぶたにむかいやまこふん)は「山辺道上陵(やまのべのみちのえのみささぎ、山邊道上陵)」として宮内庁より第12代景行天皇の陵に治定されています。古墳時代前期後半(4世紀後半頃)の築造と推定される前方後円墳。墳丘の長さは3...
大和王権と巨大古墳

相撲神社

日本書紀によると(第11代)垂仁天皇7年7月7日に野見宿禰(のみのすくね)と当麻蹶速(たいまのけはや)が力比べをして、宿禰が当麻蹶速を倒したとあります。これが相撲の始まりとされ、二人がここで戦ったと記されています。 相撲神社は...
大和王権と巨大古墳

箸墓古墳

「大市墓(おおいちのはか)」として第7代孝霊天皇皇女の倭迹迹日百襲姫命(やまとととひももそひめのみこと)の墓に治定されている古墳です。墳丘長は278mで、全国で第11位、奈良県では第3位の規模を誇る前方後円墳です。 日本書紀の...
タイトルとURLをコピーしました