安堵町

太子道〜厩戸皇子ゆかりの地

飽波神社

飽波神社(あくなみじんじゃ)は、厩戸皇子が葦垣宮(あしがきのみや)で夢見によって牛頭天王を祀る祠を建てたのが始まりとされ、江戸時代まで牛頭天王社(ごずてんのうしゃ)と呼ばれていました。東安堵・西安堵の氏神として祀られています。 ...
太子道〜厩戸皇子ゆかりの地

広峰神社

太子道と業平道が交わる位置に鎮座する広峰神社(ひろみねじんじゃ)。社地は聖徳太子の居た飽波葦垣宮(あくなみのあしがきのみや)跡地であると伝えられ、また、もともとは「飽波神社の置かれたところ」という伝承があります。 「安堵社神験...
タイトルとURLをコピーしました