中宮寺

中宮寺本堂天寿国繍帳

中宮寺(ちゅうぐうじ)は法隆寺に隣接する厩戸皇子ゆかりの尼寺で、宗派は「聖徳宗」となっています。

平安時代の「聖徳太子伝暦」には、中宮寺は聖徳太子が母・穴穂部間人皇女(あなほべのはしひとのひめみこ:間人皇后)の宮殿を寺としたとあります。ただ、日本書紀には中宮寺創建に関する記載はありません。

創建当初は500mほど東にある今の「中宮寺跡史跡公園」にあったものが、戦国時代に焼かれたのを機に今の場所に落ち着きました。

国宝の「木造菩薩半跏像」は寺伝では本尊の如意輪観音となっていますが、そもそもは「弥勒菩薩像」として作られたもので、広隆寺の弥勒菩薩半跏思惟像とよく比較されます。

同じく国宝の「天寿国繍帳残闕(てんじゅこくしゅうちょう ざんけつ)」断片ながら、飛鳥時代の染織の遺品としてきわめて貴重なものとして、今は奈良国立博物館に寄託されています。

「法隆寺縁起」などによると、「聖徳太子建立七寺」の一つとされます。

  • 法隆寺(斑鳩寺)
  • 広隆寺(蜂丘寺)
  • 法起寺(池後寺、尼寺)
  • 四天王寺
  • 中宮寺(尼寺)
  • 橘寺(厩戸皇子生誕地)
  • 葛木寺(尼寺)

生駒郡斑鳩町法隆寺北1-1-2
0745-75-2106
JR大和路線法隆寺駅よりバス約5分「中宮寺前」下車後、徒歩約10分

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換


法隆寺駅のおすすめグルメ情報 [食べログ]

コメント

タイトルとURLをコピーしました