厩戸皇子が歩んだ太子道 〜筋違道沿いのゆかりの地

日本の歴史で最も大きな足跡を遺した政治家といえばやはり聖徳太子が筆頭にあげられるのではないでしょうか?

ところで、ある程度年配の方は学校で「聖徳太子」と習ったと思いますが、これは亡くなった後の尊称で、今では学校の教科書でも生前の「厩戸皇子(うまやどのおうじ)」とすることが多いので、このウェブサイトでも「厩戸皇子」の名称を使います。

厩戸皇子は第31代用明天皇を父、穴穂部間人皇女(あなほべのはしひとのひめみこ)を母とし、その長子として生まれました。穴穂部間人皇女が出産の日、宮中を巡行している途中、厩の戸口で生まれたのでその名がつけられました。

厩戸皇子は優れた知恵の持ち主で、成人すると一度に十人の訴えを聞いても間違えることなく聞き分けることができ、さらには未来のことまで見通すことができたといわれています。

第33代推古天皇の時代に東宮(皇太子)として国政をすべて執り行い、推古天皇の代行をしたと書紀にあります。この時期に国際的緊張が高まる中での遣隋使の派遣、冠位十二階や憲法十七条の制定などが行われています。さらに厩戸皇子は伯父の大臣、蘇我馬子と共に、我が国に仏教を積極的に導入しました。

白山神社

屏風白山神社

奈良県内には法隆寺をはじめとする厩戸皇子にまつわる寺院や神社が多数あり、それらの寺社を結ぶ道は太古から整備されて発展したと考えられます。中でも、厩戸皇子が歩んだとされる飛鳥と斑鳩を結んだ「太子道」は、厩戸皇子に対する人々の篤い信仰心によってその姿を現代に伝えています。

太子道は、「筋違道(すじかいみち)」と「磯長道(しながみち)」の2本の道からなります。「筋違道」は厩戸皇子の住まいがあった斑鳩と生誕の地飛鳥を往復したルート、「磯長道」は斑鳩宮で亡くなった厩戸皇子を磯長(現在の大阪府太子町)にある叡福寺の御廟まで葬送したとされるルートです。

太子道〜厩戸皇子ゆかりの地

橘寺

正式名称は「仏頭山上宮皇院菩提寺」と称する天台宗の寺院です。寺伝よれば、この場所に橘の宮という第29代欽明天皇の別宮があり、そこで厩戸皇子が誕生したとされています。 聖徳太子建立七大寺の一つとされ、本堂には室町時代の聖徳太子座...
太子道〜厩戸皇子ゆかりの地

百済寺

百済寺(くだらじ)は高野山真言宗の寺院です。仏教を開いた釈迦の「祇園精舎」に倣って、厩戸皇子が創建した学舎「熊凝精舎(くまごりしょうじゃ)」を移した地と伝えられています。 書紀には、第34代舒明天皇が大宮と大寺を百済川のほとり...
太子道〜厩戸皇子ゆかりの地

法楽寺

第7代孝霊天皇の黒田廬戸宮(いおとのみや)跡に厩戸皇子が建立したと伝えられる真言宗のお寺です。また、この宮で誕生したとされる孝霊天皇の第3皇子で、山陽道を平定するため派遣された吉備津彦は桃太郎のモデルとされていることから、桃太郎生誕...
太子道〜厩戸皇子ゆかりの地

屏風杵築神社

厩戸皇子がここで休憩を取ったとき、従者のもっていた矢で地面をつくと、きれいな水が湧き出たという伝説があります。以来、厩戸皇子はここを通るたびこの清水を飲み、人々は屏風を立てて聖徳太子を接待したといわれます。 この「屏風の清水」...
太子道〜厩戸皇子ゆかりの地

白山神社

(屏風)杵築神社の道路向かいに小さく鎮座しているお社です。境内には厩戸皇子が飛鳥から宮古、伴堂(ともんどう)を経て法隆寺へ向かう際に、この屏風の地で腰掛けて休んだとされる「腰掛石」という大石があります。 平成24年(2012)...
太子道〜厩戸皇子ゆかりの地

額安寺

厩戸皇子が創建した学舎「熊凝精舎(くまごりしょうじゃ)」の跡地にあるといわれる額安寺(かくあんじ)。熊凝とは当時のこの地の地名で、精舎とは釈迦の「祇園精舎」に準えて命名されました。いわば、学問道場であったと考えられています。大和国平...
太子道〜厩戸皇子ゆかりの地

飽波神社

飽波神社(あくなみじんじゃ)は、厩戸皇子が葦垣宮(あしがきのみや)で夢見によって牛頭天王を祀る祠を建てたのが始まりとされ、江戸時代まで牛頭天王社(ごずてんのうしゃ)と呼ばれていました。東安堵・西安堵の氏神として祀られています。 ...
太子道〜厩戸皇子ゆかりの地

広峰神社

太子道と業平道が交わる位置に鎮座する広峰神社(ひろみねじんじゃ)。社地は聖徳太子の居た飽波葦垣宮(あくなみのあしがきのみや)跡地であると伝えられ、また、もともとは「飽波神社の置かれたところ」という伝承があります。 「安堵社神験...
太子道〜厩戸皇子ゆかりの地

法隆寺

別名は斑鳩寺(いかるがでら)。厩戸皇子が飛鳥の地から斑鳩宮に移ったと書紀にあり、斑鳩宮の傍らに亡き父、第31代用明天皇のために寺を建立したのが法隆寺(斑鳩寺)の始まりです。 金堂、五重塔を中心とする西院伽藍と、夢殿を中心とした...
太子道〜厩戸皇子ゆかりの地

中宮寺

中宮寺(ちゅうぐうじ)は法隆寺に隣接する厩戸皇子ゆかりの尼寺で、宗派は「聖徳宗」となっています。 平安時代の「聖徳太子伝暦」には、中宮寺は聖徳太子が母・穴穂部間人皇女(あなほべのはしひとのひめみこ:間人皇后)の宮殿を寺としたと...
タイトルとURLをコピーしました