神武天皇ゆかりの地〜奈良県編

神武天皇は言わずと知れた日本で最初の天皇です。日本書紀よれば、天皇に即位したのは奈良県橿原市、今の橿原神宮がある場所といわれています。

橿原神宮北神門

橿原神宮 北神門

即位するまでの東征の旅の間、幾多の困難が待ち受けていましたが、その物語を今に伝える名勝の地が奈良県内には数多くあります。神武天皇の物語に思いを馳せながら自然の美しさを感じて旅をしてみてはいかがでしょうか。

GoogleMapで見る神武天皇ゆかりの地 奈良県編

神武東征概略

天照大御神は、地上を統治させようと天孫・瓊瓊杵尊を天上の国・高天原から南九州の高千穂峰に降ろします。その瓊瓊杵尊の曾孫が初代神武天皇として即位した神日本磐余彦尊であると記されています。

神日本磐余彦尊は、天下を収めるのに適当な地が東方にあると進言されて、進軍を開始します。船で北九州に向かい、その後、瀬戸内海を通って安芸(広島)吉備(岡山)を経て、大阪湾に上陸します。

そのまま東へ向かい、生駒山を越えようとした時、この地の豪族である長髄彦に強く抵抗されて大敗を喫します。神日本磐余彦尊の一行は迂回し、海路で南の熊野に回りますが、その道中で3人の兄を失ってしまうほどの過酷な旅となりました。

その後、天照大神が遣わした八咫烏の先導により、険しい熊野の山々を越えて菟田(宇田)に至り、次々と豪族を討ち進みます。

長髄彦との再選では、当初は劣勢でしたが、飛来した金の鳶が神日本磐余彦尊の指先に止まり、稲妻のように光り輝き、長髄彦の軍勢の目をくらませ、戦う気力をなくさせることに成功。この戦いに勝利した神日本磐余彦は、橿原の地で初代天皇として即位したと書紀に記されています。

神武東征(奈良編)

橿原神宮

天照大神の子孫、神日本磐余彦尊(かむやまといわれびこのみこと)が、天下を治めるのに適当な地を求めて、九州日向の高千穂の宮から東征を開始し、瀬戸内海、熊野を経由して奈良へたどり着きます。 そしてこの地を平定し、畝傍(うねび)の橿...
神武東征(奈良編)

八咫烏神社 (やたがらすじんじゃ)

神日本磐余彦尊(かむやまといわれびこのみこと)は、天照大神が遣わした八咫烏の先導により、熊野から菟田(うだ)に入ることができました。 続日本紀に「宇太(うだ)郡に八咫烏を祀った」との記述があり、神社の創祀と八咫烏の功績をうかが...
神武東征(奈良編)

夢淵

東吉野村にある丹生川上(にうかわかみ)神社中社の東側、高見川にかかる朱塗りの蟻通橋(ありとおしばし)。その高見川と、四郷川(しごうがわ)、日裏川の3つの川が合流する場所に濃い緑色の水がうずまく深い淵があります。 【夢淵】 神...
神武東征(奈良編)

井光神社(いかりじんじゃ) 吉野山

井光(いかり)神社は「吉野町吉野山」に鎮座するものと「川上村」に鎮座するものの2つがあります。ここでは吉野山に鎮座するものを紹介しています。 吉野に入った神日本磐余彦尊(かむやまといわれびこ)は、井戸から出てきた国つ神に出会い...
神武東征(奈良編)

阿陀比売神社 (あだひめじんじゃ)

神日本磐余彦尊(かむやまといわれびこ)は奈良盆地に侵攻する前に、吉野や阿田(五条市阿田)など奈良県南東部を訪れています。吉野の井光(ゐひか)・吉野の国晒(くず)・五條の阿太(あた)を味方につけました。 吉野を見ていた神日本磐余...
神武東征(奈良編)

神武天皇社

初代神武天皇が即位した場所は橿原神宮ではなくここでなないか、という説があります。 1736年(亨保21年)の『大和誌』には「橿原神宮は柏原村にあり」と記されています。また、本居宣長が1772年(明和9年)に奈良を旅行した際の「...
タイトルとURLをコピーしました